Bitcoinなどの仮想通貨を安全に保管し、即座に人気Dardに入金できます。ATMから日本円でも出金可能です。

仮想通貨WalletとCardが合体したカードが世界新登場!!

仮想通貨最新情報

【仮想通貨の現状と今後】ITバブルとの比較

投稿日:

★ITバブルと酷似する仮想通貨市場

仮想通貨の取引プラットフォームを提供するeToroのCEO、Yoni Assia氏は、21世紀初頭に発生した「ITバブル」に準え、現段階で仮想通貨を手放すのは、17年前にApple株を手放すようなものだと語り、市場の成長性を示唆しました。

eToroは、2006年にイスラエルにて「RetailFX」として創業され、一般的な証券や為替、仮想通貨だけでなく、自身が選んだトレーダーと全く同じ投資運用を行うことができるソーシャル・トレーディングも取り扱う”世界最大級のプラットフォーム”にまで成長しています。

ソーシャル・トレーディングは、複雑な株の仕組みや大量の情報収集を必要とせず、投資額および、模倣するトレーダーを選ぶだけで、資産運用を行うことができるため、その容易さから着実に人気が出てきている投資手法であり、仮想通貨も取り扱うeToroは、世界的にも先駆的なプラットフォームであると言えるでしょう。

さらにAssia氏は、「仮想通貨プロジェクトの”95%以上”は、ドットコムバブル同様、最終的に淘汰される」と言及しつつも、「現時点で(将来性の期待される)仮想通貨を売却してしまうのは、2001年時点(17年前)にアップルの株を手放してしまうようなものだ。」と語りました。

ドットコムバブルとは?

1990年代末〜2000年代初期にかけて、アメリカ市場を中心に起った、IT企業の実需投資や株式投資の異常な高騰のこと。 ITバブルとも呼ばれるが、英語では「dot-com bubble(ドットコム・バブル)」と呼ばれ、仮想通貨革命と比較されることも少なくない。

アップル社の株価は、2000年の3月23日に5.15ドル(約570円)を記録するも、同年10月3日には、1.67ドル(約185円)にまで暴落。ドットコムバブルの崩壊とともに、数年間低迷を続けました。

しかし、2004年頃まで低迷を続けたアップル株は、その後iPodやiBookの導入、MacOSの改善などを経て順調に回復。スマートフォン(iPhone)の世界的大ヒットなどで発展を続け、2018年6月18日現在には、約1,000倍となる188.84ドル(約20.8万円)にまで上昇しています。

さらに2018年3月には、米NYの世界的な金融機関グループ「モルガン・スタンレー」も、ナスダック総合指数と、BTC価格チャートの類似性を指摘。Bloombergに対して「仮想通貨バブルがドットコムバブル(ITバブル)と類似している」ことについて語っています。

その上で、「仮想通貨バブルの方が(ITバブル)の15倍もの速さで進んでいる」とも述べており、まさに前代未聞の出来事であることを示唆しています。

参考記事

仮想通貨やブロックチェーンというのはまだまだ出来たばかりの新しい市場です。
今まで世になかったものが叩かれたり、疑問に思われたりするのは今までの歴史を見ても当然の事です。

法整備が追いつかずに野放し状態だった仮想通貨ですが、国内外で正しい方向に規制されてきました。

おかげで優良な業者、優良なICOしか生き残れなくなることは、私達にとっては良いことだと考えられます。

 

★ビットコインはどこまで下がるのか?

仮想通貨の市場全体の下げ相場が長いこと続いていますが、そんな中で議論の焦点になっているのは

『セリクラはいつくるのか?』ということです。

セリクラというのは【selling climax(セリング・クライマックス)】 の略語で、「売りの最終局面」つまり下落相場での「大底」を意味します。

下落相場の最後を締めくくる大暴落のことです。

下落相場は最後のセリクラを持って終止符を打ち、上昇トレンドに転換するのがセオリーです。

投資をよくわかっている方は「セリクラ早く来い!」という事を言います。

ジリジリと中途半端な下がり方では上昇に転じるパワーが足りません。

わかりやすく説明すると、人間が大きくジャンプする時、膝を曲げて一度沈んでからパワーを貯めて飛び上がる必要がありますよね?

投資の世界でも同じように大きく暴落しすぎた後、その後大きく上昇トレンドに繋がる事があります。

 

【市場が復活するには、大きく下げる必要がある理由】

結論から言うと、「ホルダーが入れ替わる必要がある」ということです。

今年に入りずっと下落が続いていて、なかなか上がりきらない理由の一つとして、「含み損を抱えているホルダーたちによる売り圧力」があります。

含み損を抱えてる人の心理として、ちょっと上がって来ると「トントンでもいいから売っちゃえ!」「このあたりで損切りしておこう!」といってダメージを少なくしようとして、せっかくの上昇を阻む大きな売り圧力になってしまうのです。

作年末から今年初めにかけて、いわゆる『出川組』といわれる方たちはかなり大きな含み損になっているはずです。

そういった含み損を抱えた人たちを一掃するくらいの大きな下落が起これば、我慢しきれなくなったホルダーたちがいよいよ諦めてBTCを手放す事になります。

この、「含み損の我慢の限界に達してとうとうBTCを捨てる人たち」が殺到してセリクラが形成されます。
含み損に耐えきれなくなった人たちが一斉に手放し始め、それをプロの投資家が大底で拾いまくります。

つまりここでホルダーが入れ替わります。

そうなれば、売り圧力が少なくなり上昇しやすくなるというわけです。

 

【どこまで下がるのか?】

気になるとこはここだと思います。
ですが、それをきっちりと言い当てるのは困難です。

SNS上でも「今よりもう一段下がる必要がある」という見解をしている人が多いです。

という事は、1BTC=60~65万あたりが大底になるのでは?と個人的には考えていますが、その時の市場の動きやクジラによる価格操作によっても変わってくるのでなんとも言えません。

最低でも前回の最安値である65万円を割らないとセリクラとは言えないような気がします。

しかし、その後は上昇トレンドに乗ってくれると思うので、そろそろ仕込み時でもあると思います。

「悲観で買って、歓喜で売る」

という言葉があります。

ビットコインのマイニングコストは$6,000が一つの目安です。

BNEFの在北京アナリスト、ソフィー・ルー氏によると、ビットコインの価格が6000ドルで利益を出せるのはキロワット時当たり6セントかそれ以下の「極めて安い」電気を利用できるマイナーのみ。ということですから、$6,000前後がセリクラポイントかもしれません。

 

★仮想通貨の今後は?

仮想通貨のブロックチェーン技術はインターネットの基礎的なインフラストラクチャーおよびアーキテクチャーの基盤となるでしょう。 さらに仲介者や手数料なしで、仮想通貨取引が可能になります。

さらに仲介者や手数料なしで、仮想通貨取引が可能になります。協力(パートナーシップ)を求めている人にとって、ブロックチェーン技術は透明性があるので、その技術を利用したビジネスが今後も増えていくでしょう。 今後30年の間に、企業という組織の存在はなくなると私は予想します。

ブロックチェーンによってますます企業存在価値が薄れていくからです。 例として、現在ビットコインネットワークはほぼ自立しているため、運営するために大手企業を必要としていません。 このようにビットコインは既に社会の報酬システムに変革を起こしています。

二つ目の変革は、ブロックチェーン技術は“トラストレス(信頼を必要としない)”企業の基礎的な基盤になります。 電気や水道のように、ブロックチェーン企業のサービスはとてもあたりまえの存在になるでしょう。

仮想通貨はバブルなのか?2018年ビットコインの価格はズバリ?要人質問まとめ

 

間違いなくブロックチェーン技術は人間社会に無くてはならないものになります。

当然、ビットコイン・イーサリアム・リップル・ライトコインと言った主力ブランドの価値・価格は上昇します。

今現在、それらを持っている方は「狼狽売り」などせずにしっかりと安全なWalletに保管しておくべきです。

また、資金に余裕のある人は「今が買い時仕入れ時」そして、安全なハードウォレットに保管してください。

もちろん、安全なWalletと便利なCardが合体した「SB101カード」をお勧めします。

登録はこちらのページからどうぞ。

会員登録説明ページ

 

 

-仮想通貨最新情報
-, , ,

Copyright© 仮想通貨WalletとCardが合体したカードが世界新登場!! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。